【タマユラミライ】批評・感想[美少女ゲーム]

タマユラミライ
さくにゃあ
こんにちは、さくにゃあです。
今回は「タマユラミライ」の批評・感想を書いていきます。
タグ: エロゲ PCゲーム 評価 攻略 ADV 成年向け Azurite アズライト

 前書き

私はAzuriteの作品は一度もプレイしたことはないので、今回初めてのAzuriteということで結構楽しみにしています
シナリオがにっし~先生と藤太先生ということで、そういった意味でも期待している作品です

発売後、追記

【タマユラミライ】体験版 批評・感想[美少女ゲーム]

2019.05.04

あらすじ

彼女は、落とし物を探している。

どこか異郷の薫り漂う町、深野市――
そこは、かつてヒトとヒトならざる者、妖異たちがともに暮らした幽玄の地であった。
ゆえに、深野は不思議な者たちの不思議な話に満ちている。

神掛 由岐奈(かみかけ・ゆきな)は、友人とともに
再び、この地を訪れた。

出逢ったのは、魔法使いを名乗る少年、
つまりは僕だ。

むかしむかしの大昔、外つ国から来た魔法使いがいたらしく、
夜羽 睦季(よはね・むつき)は、その後裔を拝している。

水晶石 みだり(すいしょうせき・―)は、ヒトならざる者。
淫魔にとっては死に至る病、恋に落ちてしまう。

猫天宮 花子(ねこてんぐう・はなこ)は、かつて水神に仕えた御使い。
いわゆるトイレの花子さんで、学園内の噂ならなんでも知っている。

小伯 白(こはく・しろ)は、いつでも味方でいてくれる。
魔法も妖異もなんにもわかっていないが、僕にとっては姉のような存在だ。

魔法使いの御役目とは、そんな妖異たちが起こす不思議な事件を解決し、
ヒトと妖異の間に調和をもたらすことにある。

だが、神掛 由岐奈は、僕以上の霊力を持ち、
生まれつき妖異の姿を見ることができる、鬼見の力まで持っていた。

そんな彼女は、落とし物を探している。

彼女と関わることで、
やがて僕自身が魔法に関わるきっかけとなった事件まで
掘り起こされていく。

それはヒトと妖異と魔法使いが織りなす、
長くて短い、一夏のおとぎ話――

あらすじ引用:タマユラミライ  DMM

Movie

オープニングムービー

プロモーションムービー

ナレーションムービー

批評・感想

共通ルート

タマユラミライ

発売・攻略後、記入

購入はこちらから

タマユラミライ

後書き

発売・攻略後、記入

【タマユラミライ】体験版 批評・感想[美少女ゲーム]

2019.05.04

感想などありましたら、コメントからよろしくお願いします!
私が気に入ったものは、記事内で紹介させていただくこともあります。
他にも問題点や誤字・脱字、改善点や要望などありましたら、コメントやお問い合わせからご連絡ください!

挿入画像引用:タマユラミライ  DMM