【サクラ大戦】批評・感想[SEGA SATURN・Dreamcast]

【サクラ大戦】批評・感想[SEGA SATURN・Dreamcast]
さくにゃあ
こんにちは、さくにゃあです。
今回は「サクラ大戦」の批評・感想を書いていきます。

タグ:ゲーム セガサターン SS ドリームキャスト DC 評価

前書き

新サクラ大戦発売決定……よしっ、未プレイのサクラ大戦をプレイしよう!
そんな流れでドリームキャストを購入し、サクラ大戦を1~5まで揃えました

そんな90年代美少女ゲームの傑作といっても過言ではない本作を楽しみながらプレイしていこうと思います。

あらすじ

時は太正十二年の日本。帝国海軍の士官学校を首席で卒業した新任少尉である大神一郎は、財界の大物である花小路伯爵より、秘密部隊「帝国華撃団」隊長の任を受け、帝都東京は銀座の帝国華撃団本部へ出頭する。しかし、そこは少女劇団「帝国歌劇団」が舞台に立つことで有名な劇場「大帝国劇場」であった。

秘密部隊ではなく、軍が運営する秘密舞台の雑用係(モギリ等)として呼んだという劇場支配人・米田一基の言葉に落胆する大神であったが、劇場に突然鳴り響く警報音と共に状況は一変する。米田の言葉は大神を試すためのウソであり、この劇場こそが間違いなく帝国華撃団の総本部、そして平時は舞台に立つ歌劇団の少女たちは、“霊力”を武器にして、帝都の平和を乱す魔に立ち向かう秘密部隊「帝国華撃団・花組」の隊員だった。

大神は花組の隊長として、個性豊かな6人の隊員たちを、時には衝突しつつも一つの部隊としてまとめあげ、悪の組織「黒之巣会」へ立ち向かっていく。

引用:サクラ大戦 wiki

批評・感想

第一話「帝都・花の華撃団」

海軍士官学校を首席卒業した大神一郎が帝国華撃団の隊長として配属され、帝都を脅かす敵から帝都を守ろうといった話
各ヒロインが全く異なる容姿や性格をしていて、ここまで雰囲気から性格・容姿までヒロインごとで全く違うって珍しいなと最初に思いましたね
色々謎があって伏線も気になりますが、各ヒロインがとても魅力があるのでどんなものが好きなのだろうか、どんな姿を次は見せてくれるのだろうかと楽しみにさせてくれます

そして、90年代風というべきか戦う目標と理由は至ってシンプル
帝都の平和を守るために、正義を胸に悪を倒すのだ!って感じで、懐かしさを覚えるほど王道って感じの理由でした
そんな帝都を脅かす敵「黒之巣会」との戦いはどうなっていくのか、これからヒロインたちとのエピソードや新キャラたちにとても期待が持てる1話でした

あと照れるさくらが凄く可愛い……やっぱり押しはさくらですね!
他にも可愛らしくて思わず撫でたくなるようなアイリス、クールで頼りがいのありそうなマリアも魅力的でした

第二話「敵の名は黒之巣会」

黒之巣会のアニメーションや新キャラの紅蘭、あやめが登場する話
話の流れは1話と同じではあるが、大神が怪我したところをあやめが舐められている所をさくらが見かけて怒ったり、マリアに隊長として少しずつ認められてきたりなどヒロインの大神に対する好感度の変化や、黒之巣会がどういったメンバーで何を目的しているかなどのこれから様々な事件が起きていくのだろうという予感を感じさせられる話になっていました。

これからに大きく関わるような事件や出来事は何も起きませんでしたね。

第三話「オレは隊長失格!?」

マリアの過去が明らかになるマリアメインの話
いままで何か抱え込んでいるんだろうなと思っていましたが、マリアがロシア革命の英雄で、その時ロシア革命の中心にいたマリアが兄を助けられなかったことをずっと悔やんでいたおり、隊長はミスをせず完璧に物事を遂行しなければならないといった考えでいままで過ごしていたそうです。
そんなマリアが敵に捕まった時、大神たちに助けられていままで抱え込んでいた過去や気持ちの全てを吹っ切って立ち上がることが出来ました。

それがきっかけでマリアが大神に対して好意を抱き始めて、第三者から見たら好き好きオーラが出ているとすぐわかるほど好意をしめし始めましたね。
そしてそれに嫉妬するさくら・アイリス・すみれ?、もうこの時点で大神モッテモテですね

さくにゃあ
マリアが予想以上に凄すぎる経歴……

第四話「暴走!暴走!大暴走!」

攻略後、記入。

購入はここから

【サクラ大戦】批評・感想[SEGA SATURN・Dreamcast]

後書き

90年代のゲームってあまりプレイしてこなかったけど、この作品で昔のゲームってこんなに面白かったんだ!と考えを改めるきっかけにもなりました。

攻略後、記入。

感想などありましたら、コメントからよろしくお願いします!
私が気に入ったものは、記事内で紹介させていただくこともあります。
他にも問題点や誤字・脱字、改善点や要望などありましたら、コメントやお問い合わせからご連絡ください!

挿入画像引用:サクラ大戦 1&2 公式サイト