【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]
さくにゃあ
こんにちは、さくにゃあです。
今回は「神獄島メアリスケルター」の批評・感想を書いていきます。

タグ:評価 電撃文庫 コンパイルハート 電撃プレイステーション ダンジョンRPG

前書き

続編である2が積みゲになっていることを思い出したので、2を攻略するついでに途中で放置してある無印と2の批評・感想を書こうと思い記事作成しました。
なんだかんだでPSVITAやPS4などの家庭用ゲーム機のゲームの批評・感想は始めてだったりします

コンパイルハートはメアリスケルターと同じシステムである限界凸記シリーズやデート・ア・ライブ、ネプテューヌシリーズなどかなりの作品をプレイしているコンパイルハート中級者くらいです。

さくにゃあ
この後、批評・感想を書くためにゲームプレイしたら片方のコントローラーが十字キー全死、いつも使っているのが十字キー下死んでいたので、後ろに動けなくてメアリスケルター出来ませんでした
わんこ
結局、コントローラー買いに行かなきゃいけないんだよ

【神獄島メアリスケルター2】批評・感想[PS4]

2019.04.10

あらすじ

ジェイル──それは「生命ある監獄」と呼ばれる難攻不落の人間収容所。

数十年前に突如街が陥没し生まれたこの監獄は、
「メルヒェン」と呼ばれる不気味な化け物によって管理されていた。

少年「ジャック」はジェイルの収容者として
いつが始まりだったのかを忘れる程の永い時を
夢や希望、心の平安、人間らしさの全てを奪われ、
日夜不条理な拷問を受けながら、ただ生かされていた。

しかし全ての光から閉ざされたような日々の続くある日、
「血式少女隊」と名乗る組織がジャックを牢獄から救い出す。
それは自らも血式少女と共に脱獄を企てる運命の始まりだった――。

奪われたもの全てを奪い返すため、
ジャックと血式少女隊は難攻不落のジェイル脱獄を決行する!!

引用:神獄島メアリスケルター 公式サイト

Movie

ティザームービー

オープニングムービー

発売直前PV

批評・感想

序章

ジャックとアリスがメルヒェンに捕まっていたところに赤ずきんを名乗る少女に助けられる話
世界観がかなり独特で、ゲームプレイして気づいたら数時間が経っているくらいにはゲームにのめり込めるほど面白い世界観ですね
勿論、世界観だけではなくストーリーも凄く良くて、メルヒェンや血式少女の謎、ジェイルから脱出するという目的の中で自分たち以外のジェイル脱出を目的とする仲間が何か隠しているような怪しさを感じたりなど飽きさせないストーリーが凄く良いですね。

システム面は基本的にコンパイルハートの限界凸記シリーズと同じなのですが、敵キャラの見た目が凄いグロいというか目を背けたくなるような見た目してる
正直ナイトメアが出てきた時は「うわぁああキモッ!」って思いましたしね

1章 元街道沿いエリア

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

ナイトメアの討伐方法について判明する話
いままで討伐が不可能だったナイトメアを核を破壊することにより、討伐が可能になったのでジェイル脱出が一歩進んだって感じですね
あとはブラッドスケルター化したアリスを元に戻したのはジャックの血ってことが完全に判明しましたね
1章では戦闘でジャックだけアイテムしか使えなかったので、血を用いて何かしらのサポートが出来るようになるんだろうね

システム面では得に話すことはありませんが、本当にナイトメアが襲ってくる時が怖い。後ろ振り向いたら追ってきてる恐怖がやばいね

さくにゃあ
ナイトメアキモすぎやばい

2章 元墓所エリア

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

親指姫を助ける話
2章で赤ずきん以外の血式少女が出てきました
ナイトメアから逃げ帰ってきた白雪姫眠り姫、メルヒェンに捕まった親指姫の3人が登場しました
毎回思うんだけど、博士たちが色々隠してそうで凄い怪しいんだけど……喋るメルフェンであるスナークの話も何か知ってそうだしね

あとといままで戦う手段の無かったジャックがメアリガンという武器を手にしたことによって、みんなと戦える手段をやっと手に入れることができましたね
メアリガンを使ってブラッドスケルター化しそうな血式少女の穢れを消したりしてサポートがしっかり可能になりました
いままでは戦えないから他の血式少女とメルヒェンのいるエリアに来てはいけないと言われていたけど、これからはみんなと共に参加出来るようになりましたね

システム面では血式少女が増えたことによって出来る技能が多くなりましたね
前のエリアで行けなかった場所が行けるようになったりしているかもしれませんね

3章 元繁華街エリア

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

シンデレラが帰ってくる話
いままで行方不明になっていたシンデレラが帰ってきました
帰ってくる少し前にシンデレラ見かけたけど、あれはやっぱり何かの伏線なのかな……
(帰ってきた時に掃除を少ししていたと言っていたけど、掃除にしては長すぎる気がする)

幾つか伏線やわかったことがありましたね
博士がメルヒェンを使って実験をしていたことや各エリアを監視出来るモニター室のようなものがあったこと、血式少女たちは何かしら執着しているものがあること(ジャックは塔に登りたい、シンデレラはイヤリング、赤ずきんはフードなど)、ナイトメアが喋ったこと
これらの伏線がどういった風に回収されるのかも気になりますね

システム面では穢れを浄化するシステムが追加されましたね
上の画像が穢れ浄化の時の画像ですが、ご褒美システム的なもので血式少女の服を消したりすることが出来ます。

4章 旧寺院エリア

やっぱりみんな頭おかしいんじゃと思った章
メルヒェンの悲鳴を聞いたりして笑う博士やメルヒェンを嬲り殺すのが趣味の門脇、いや何かやばい人が多いね本当に。
4章ではかぐや姫を仲間に入れるために5つの宝を集めて、仲間に入れたかぐや姫とナイトメアを討伐する話です

伏線やわかったことが増えましたね
何故かメルヒェンが逃げていく体質を持っているハルさんだったり、いままで食べていた食べ物がメルヒェンだったりですね
食べていたものがメルヒェンとか凄く嫌な真相だけど、生きていくにはしょうがないんでしょうね

システム面では今回始めてナイトメア戦専用フィールドみたいのがありましたね
正直いままでのナイトメア戦で一番苦戦したので、ゆとりの私にはナイトメア戦専用フィールドはきついと思いましたね

5章 旧学生街エリア

ナイトメアと暮らす血式少女
喋るナイトメアと暮らす少女グレーテルを仲間に引き入れようとする話です
正直今回の話でまたナイトメアに対する見方が変わった、いままでのナイトメアも自分自身の意思を持っていて喋ることも出来たっていうんだからね

グレーテルを仲間に引き入れたことで、様々なことがわかりそうですね
グレーテルはかなり頭が良いので、博士たちが意図的に何かを隠しているであろうことをすぐ見破ったし、グレーテル加入でこれから色々なことがわかっていくかもしれませんね
他にはナイトメアが持っているトランシーバーとかも気になりますよね

システム面ではここらへんから難易度が上がって、しっかりレベル上げや準備をしないとナイトメア戦で死にかけますね
特にナイトメア逃亡戦で最初の方で戦闘になると2,3回攻撃食らってパーティー全滅とかありましたからね……

6章 旧河川・沼エリア

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

ラプンツェルのいた所
ラプンツェル加入でまた謎がいくつかわかりましたね
血式少女・血式少年はみんな親がいない、そして真実が妊婦の人間がメルヒェンになってそこから生まれたのが血式少女や血式少年というのが真実でした
人間がメルヒェンになるということも驚きですが、そのことを博士たちが隠していたことに少し驚きでしたね
血式少女たちにショックを与えないという理由もわからなくはないけど、何故このことが判明したすぐに打ち明けたのかもタイミング良くて怖いよね

あとこれが判明した時にジャックと赤ずきん、グレーテルの冷静さが何か凄いよね
何だかんだで大きなことがわかった時結構冷静なのってこの3人なんだよね

7章 元駅構内エリア

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

最後の核とナイトメア
監獄島前のラストでとうとうスナークが出てきましたね
スナークはほとんど喋りませんでしたが、他のナイトメアよりかなり普通に話しましたね
これからスナークがどう関わってくるのか、博士たちが隠していることやタイヨウ教団がどう関わってくるのかかなり気になりますね

赤ずきんのことでグレーテルに博士が問われた時の言い訳の仕方が凄い嘘っぽかったなぁ

さくにゃあ
正直博士たちよりタイヨウ教団の方が信用出来るんだけど

8章 監獄島・下層

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]

タイヨウ教団の謎
タイヨウ教団を引き連れていたミチルではない何かミチルはジェイルの擬態した姿、そして全ての始まりと終わりとか言われている桜
最終章前ってことで色々なことがわかりましたね、でもまだ話の核心に迫るような謎は何も分かってはいませんが……
あと桜の前での出来事が私の頭が足りていないだけかもしれないけど、あんまり理解出来なかった……

やっぱり監獄島にも核とナイトメアはいた感じだね
下層では正直そこまで大きな出来事は無かったから、多分大きな伏線回収やらは全部最終章で一気にわかる感じだろうね
多分上層にもナイトメアはいるだろうから、ナイトメア倒した後にラスボス戦でスナークか、もしくは裏切り者と戦うことになるのかな?

システム面では話ことは特に無いかな…

最終章 監獄島・上層

ジェイルの謎
ぶっちゃけ結局こういうことなんだよね?って感じで微妙な伏線回収だったな
博士=裏切り者=スナークで、博士たちはジェイルとは別世界から来た人たちで共存を目指していたみたいなよくわからない話でしたね
スナークの闇が化物を作り出して、そして光が天使的な人を作り出して、その天使の力を借りてラスボス倒してみんなとジェイルの世界を脱出で終わりでしたね、
なんか最後までいい感じでいい感じで終わったんだけど、何か綺麗に説明してくれなかったせいで「あれ?終わりなの」みたいな終わり方でした

さくにゃあ
世界に戻ってからの後日談みたいのを各ヒロイン2~3時間共通合わして20時間でギャルゲ出して欲しい
わんこ
前日譚や隊長の話もあるから気になった人は見てみてね

購入はここから

【神獄島メアリスケルター】批評・感想[PSVITA・PS4]
リメイク版は続編である2に同梱されています

後書き

評価は物語 8 作画 8 システム 8 キャラ 8 音楽 9 総評 A+(86)
プレイ時間は40
時間(END攻略・マップ攻略のみ※地下洞窟除く)でした。

世界観やストーリーは良かったですが、やっぱり最後の伏線回収や話の流れが微妙だったかな
説明不足と急展開で流石についていきなかったからな…そこら辺を加味して物語8という評価にしました

では今回はこれくらいで終わりたいと思います
次の記事でお会いしましょう

【神獄島メアリスケルター2】批評・感想[PS4]

2019.04.10

感想などありましたら、コメントからよろしくお願いします!
私が気に入ったものは、記事内で紹介させていただくこともあります。
他にも問題点や誤字・脱字、改善点や要望などありましたら、コメントやお問い合わせからご連絡ください!

神獄島メアリスケルター 公式サイト

挿入画像引用:神獄島メアリスケルター Amazon

ABOUTこの記事をかいた人

ねこの駐屯地 運営責任者の『さくにゃあ』と申します。RPG・ADV・SLGが大好きで美少女がパッケージのゲームを中心にプレイしています。 軌跡シリーズ・ゼルダの伝説・EU4をこよなく愛し、ゲームディレクターを目指し、日々奮闘しています。