【夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘】批評・感想

【夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘】批評・感想

こんにちは、さくにゃあです。
今回は「夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘」の感想を書いていきたいと思います。

あらすじ

夢と自己実現の国、ニッポン
現在の日本は「夢」がやたらと優遇されすぎている。だが、夢を追い続けてきた結果、悲惨な目に遭った人々を私は散々見てきた。ミュージシャン、お笑い芸人、作家、司法浪人生、国家公務員試験受験生、学者、アーティスト、芸能人、起業したい人、フリーランスで自由に働きたい人―夢を簡単に煽って欲しくないのである。彼らがどんだけ「夢を持て」といったことばに騙されて悲惨な人生を送っているか! 本書で語るのは、そういったおとぎ話を真っ向から否定する、地に足の着いた仕事論である。さあ諸君、ワーク・ライフ・バランスに悩むのをやめ、「夢を諦める日付」を手帳に書き入れよう。仕事は元来、くだらないものなのだ。

引用:夢、死ね!Amazon

感想

今回、初めて中川さんの作品を読んだのですが、社会の現実について自身の実体験に沿って書かれていたので、とてもわかりやすく、社会人がどういう考えで会社に勤め、仕事をしているかを知ることが出来た良い作品でした。

前半はタイトル通り、「夢、死ね!」について何故夢を持ち、目指すことを否定するのか、夢を持ち続けた結果どうなるのか、夢ではなく目標を持ったほうが良い理由などなど書かれていて、後半では想像とは違う社会の実態というものが書かれていました。
「想像と現実はこんなにも違う」「社会はいまこういった感じだ」といったタイトル、内容の作品はあまり読まないので、こういった作品はとても新鮮で楽しみながら読み終えることが出来ました。全部が全部納得が出来るという訳ではありませんが、納得出来るところ、勉強になるところも多くあったので気になった方は是非読んでほしいです。

挿入画像引用:夢、死ね!Amazon

【夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘】批評・感想

コメントを残す